●降霊
伝統的ないたこ霊術における「口寄せ」に当たります。霊媒の身に目的の霊を降ろし、ご相談者の置かれた状況や相手の本心などをお伝えすると同時に、霊界と現世、あるいは過去〜現在〜未来に至る問題の推移を適宜に透視し、鑑定に必要な基本情報を集める役割も持ちます。本来の口寄せ(仏おろし)には、「生口」(生者の霊を呼び出す)、「古口」(没後、期間を経た古い死霊を呼び出す)、「新口」(亡くなって間もない死者を呼び出す)などの区別がありますが、当所における降霊においてもまた、死者、生者のいずれをも呼び出すことが可能です。具体的な鑑定例としては、以下のような場合に用います。
→恐山自動書記霊能術

[9]前に戻る
[0]ホームに戻る
↑ページトップヘ

電話番号(全額無料)
0120-913-753
9時〜明け方5時(年中無休)

〒036-0541
青森県黒石市北美町2-34-5号

1999-2012(C)尼子