文殊 イタコ霊媒鑑定師
(もんじゅ)

新: 失職後、ヒッキーになった私を救ってくれた文殊先生
大学卒業後、都内の中堅メーカーに採用されてそこで5年働いたのですが、仕事の重荷に耐えきれず、昨年職を辞しました。配属されていたのは営業部だったのですが、毎月のノルマが非常に厳しくてとてもついて行けませんでした。転属を願い出ても一向に受理されず、思い余って辞表を出した形です。
会社を辞めた後はアパートの部屋を引き払い、実家へ戻りました。できれば東京に留まりたかったのですが、経済面の不安に加えて、元々持病のある母が大きく体調を崩してしまったのです。幸い戻ってから1ヶ月ほどで母の健康は回復したのですが、今度は私が引きこもりとなりました。娘の身で言うのも何なのですが、我が家は両親揃って甘やかしというか、昔からかなり過保護だったのです。それで父も母も目をつぶってくれて、無職の私を受け入れてくれました。おかげで夜から明け方までネットに齧り付き、朝に寝て夕方再び起き出すという逆転生活で、瞬く間に体重が10s増えるという始末でした。こんな自堕落な暮らしがしばらく続いた頃、ネットサーフィンしていたら電話占いの解説記事が目に留まり、そこの口コミで最高評価を受けていた尼子にお電話してみました。それはほんの気まぐれの行動でした。しかし今振り返ると、そこで明暗が分かれたという思いです。
相談に乗ってくれたのは文殊さんという霊能者で、透視や霊感で見るだけでなく、イタコの口寄せも行うというふれ込みでした。電話がつながると、優しげで温かい声が出迎えてくれました。
「こんばんは、文殊と申します。束の間ではございますが、よろしくお願いいたします」
何の変哲もない挨拶の言葉なのに、何故か涙が溢れてきました。その時の気持ちを例えると、良くできた映画や小説に触れて感動するのに似た感覚でした。
「泣いておられます?」
「あ、いえ……急に動揺してしまって。理由は分かりませんが」
「それは多分、特殊な波動を送らせていただいているからだと思います」
「波動?」
「はい。心を癒してバランスを整える霊気です。でも、そこまで激しく反応なさっているということは、何かに相当傷ついておられるということですね。もしくはひどく脅えているとか」
自分が置かれている状況を、鼻をすすりながら話しました。すると先生はやにわに霊視に入り、「大丈夫。あと半月もすると、先々に希望が見えてきます」と断言してくれたのです。さらに「でもそのきっかけはほんの小さな現象から始まるので、うかうかしていると見逃すかもしれません。どうか注意深くなさってください」と付け加えました。
高校時代の友人からメールが来たのは10日後のことでした。それまでは昔の知り合いを避けていたのですが、先生の言葉が念頭にあったので、きちんと返信しました。後日、その友人の取りなしで新たな仕事が見つかり、何とか社会復帰を果たすことができて現在に至っています。文殊先生とお話しできたことが、運命の分かれ道となりました。本当にありがとうございました。
【戸田絵里奈さん 28歳 事務局職員 静岡県静岡市】

ずっと想いを寄せ続けてきた幼なじみの彼と、ついに恋人関係になれました
子供の時から近所で一緒に育った相手、つまり幼馴染の彼のことがずっと好きでした。それも単なる“好き”ではなく、深く愛していたのです。ですが、現在に至るまで想いを打ち明けることはありませんでした。もし彼にその気がなかった場合は、これまで築いてきた2人の関係まで崩れてしまう、そのことが怖かったのです。しかし状況は変わりました。近々、彼が転勤のために東京に行くことを知ったからです。かといって彼に告白する勇気も持てず、もどかしい思いを抱えたまま毎日を過ごしていました。そんなある日、偶然から電話占い尼子の文殊イタコ霊媒鑑定師を知りました。きっかけは私が興味を持っている若手実力派俳優Mのブログ。そのブログでMは文殊イタコ霊媒鑑定師に相談したことをきっかけに、仕事が上手くいくようになったと綴っていたのです。まさに私にとっては渡りに船といった感じで、すぐにこの先生に鑑定を依頼しようと決めました。これまで電話占いについてはろくに知らなかったので、電話をかける前はどきどきしましたが、聞こえてきた文殊先生の声は予想外に柔和で人柄の良さを感じさせ、すぐに肩の力を抜いて鑑定を受けられるようになったのです。そして何よりも凄かったのは、的中率。まだ何1つ説明していないというのに、私が相談しようと思っていた内容や現在の心境、彼のルックスや基本性格などを、霊視で次々に言い当てていったのです。それは掛け値なしに“圧巻”としか言いようがないほどでした。その後も私からはまったく説明をする必要がなく、「小学校の時に初めて出逢って以来、貴女はずっと彼に恋心を抱いていた。その想いは時間が経つほどに強まっていき、現在はいわばその想いが最高潮に達している状態なわけですね。そして貴女は彼が自分のことをどう考えているのか知りたいと思い続けていた。まずは霊術を使ってその点を、つまり彼の本心を明らかにしましょう」と言うと、文殊先生は突然ぶつぶつと何やら呪文にも似た言葉を唱え出したのです。するとほどなくして今度は、“カリカリカリ”という鉛筆で紙に何かを速記しているような音が聞こえてきました。そう、それは文殊先生が得意とする自動書記という霊術だったのです。その自動書記によって彼の魂から聞こえた言葉を書き起こした先生は、私に向かってこのように告げられました、「約10年前から彼もまた、貴女に恋心を寄せるようになっていました。それ以前は単なる幼なじみとしか見ていなかった貴女を、その時期を境に1人の女性として見るように変わっていったのです。要するに、10年ほど前から彼と貴女は男女として互いに惹かれ合っていた。そういうことです」。先生の自動書記を通して彼の本心を知った私の中で様々な感情が溢れてきました。そして出てきた言葉は、「私は彼と恋人関係になれるのですね?」というひと言。それに対して文殊先生は、「ええ、間違いなく。仲睦まじくしているお2人の未来が、私にははっきり見えますよ」と言い切られたのです。鑑定の最後に、先生が彼の魂に念を送ってくれた効果でしょうか、それからほどなくして私は彼と恋人同士になることが叶いました。それも彼からの告白によって。こんな日がやってくるのを長いこと待っていたのです。間もなく彼は予定通り転勤で東京に行きましたが、遠距離恋愛も極めて順調ですし、何1つ不安なことはありません。とっても幸せです。
【桜木加奈さん 27歳 会社員 宮城県仙台市】

イタコ霊媒鑑定師のプロフィール

[9]体験談一覧に戻る
[0]ホームに戻る
↑ページトップヘ

電話番号(全額無料)
0120-913-753
9時〜明け方5時(年中無休)

〒036-0541
青森県黒石市北美町2-34-5号

1999-2012(C)尼子