西蓮寺 イタコ霊媒鑑定師
(さいれんじ)

「今でもみんなのことを見守っている」 亡くなった父の言葉に不安は消えさりました
先日、イタコの電話占いを体験しましたので、その霊能力の凄さを知っていだきたいと思い、お便りしました。私はイタコという霊能者についてあまり知らなかったのですが、この数年間で父や友人、よくしてくれた会社の上司といった親しい人が次々に亡くなってしまったのです。これだけ周りの人が亡くなりますと、私も不安になってきます。今まで相談に乗ってくれていた人がいなくなっている訳ですから、悩みが増えれば増えるほど、精神的に追い詰められていったのです。
このままではいけない。そう思ったときにネットで色々調べたところ、イタコの電話占い尼子に行き着いたのでした。イタコの霊能力を借りれば、亡くなった方とも会話ができるそうです。もう二度と逢えないと思っていた父や友人にまた相談ができると思い、イタコの電話占いに依頼を持ちかけたのでした。
私自身、イタコさんという霊能者と会話をするのも初めてでしたし、そもそも電話占いというサービスを受けるのも初体験です。少し不安だったのですが、西蓮寺先生に占ってもらううちに、その不安はいつの間にか忘れておりました。それほどまでにイタコの能力である「口寄せ」の術が凄かったのです。
西蓮寺先生の声がブルブルと震えだしたかと思うと、次の瞬間、口調が父のものへと変わりまして、私との思い出を懐かしげに話し出したのです。その話は私の家族しか知らないような内容でしたので、これが本物の霊能者の力なのかと感心しました。
そして私は父に、周囲のたくさんの方が亡くなっていくので寂しいし不安を感じている……と相談しました。父の返事ですが、「人間死ぬときは死ぬ」という冷静に考えると身もふたもない返事でしたが、父らしい回答と思い、笑いがこみ上げてきました。そして最後に父はこう言ったのです。「今でもみんなのことを見守っている」と。その返事を聞いて、私の不安はなくなったのでした。
イタコの電話占いに相談しますと、もう会えない方々に話を聞いてもらえますので、生きる励みになります。今度は母にも勧めてみたいと思います。
【真下陽子さん 37歳 会社員 徳島県阿波市】

降霊を通して、婚約者の死から立ち直れました
婚約していた彼が不慮の事故に遭い他界。あまりにも突然のことで、何も考えられなくなってしまいました。誰とも会いたくなくなり、仕事も辞め、ずっと家に引きこもりの状態に。そんな私を心配して、親友が電話占い尼子を教えてくれたのです。
はじめはとてもじゃないけど信じられなかったのですが、試しにホームページを見てみたところ、死者の声も伝えることができる…というのを見てだんだん惹かれていき、電話をかけてみることにしたのです。受付の方に西連寺霊能者を紹介していただいたのですが、電話が繋がるとすぐに先生は「辛い思いをされたようですね」と、私に労いの言葉をかけてくださいました。その言葉を聞いて、涙が止まらなくなってしまったのです。泣いてしまって言葉をうまく発せなかったのですが、西連寺霊能者は私の心の内をすべて霊視で見てくださいました。そして「それでは彼の霊を降ろしましょう」と言ってから、何かを唱え始めました。 しばらくして一瞬押し黙った西連寺霊能者。すると、西連寺霊能者が今までとはまったく違う話し方をしはじめたのです。それは、懐かしい彼の話し方そっくりでした。「もしかして、K!?」と聞いてみると、「そうだよ」と答えたのです。そして、私と彼しか知らないことを次々と話しはじめました。電話越しに、私は他界してしまった彼と話すことができました。おかげで私は、彼に伝えられなかったことをすべて伝えることができたのです。
最後に彼は、「僕のことをずっと思ってくれていることはうれしいけれど、もっと自分の幸せのことを考えてほしい。君が幸せになってくれることが、僕にとっても幸せなんだよ」と言ってくれたのです。彼の魂が離れた瞬間、西連寺霊能者はまた元の口調に戻りました。そして「何か吹っ切れたようですね。貴女から前向きなエネルギーを感じられるようになりました」と西連寺霊能者。実際、その通りだったのです。彼と話ができたこと、そして想いをすべて伝えられたことで、私の中で何かひとつ区切りをつけることができました。今はボランティアに参加して、少しずつ外に出るようにしています。私を立ち直らせてくださった西連寺霊能者には、本当に感謝しています。ありがとうございました。
【吉田麻紀さん 30歳 無職 愛媛県松山市】

イタコ霊媒鑑定師のプロフィール

[9]体験談一覧に戻る
[0]ホームに戻る
↑ページトップヘ

電話番号(全額無料)
0120-913-753
9時〜明け方5時(年中無休)

〒036-0541
青森県黒石市北美町2-34-5号

1999-2012(C)尼子